トップページ アクセス情報 配送について サイトマップ

公益財団法人 日本文化興隆財団

セミナー古事記に親しむ【上巻素読解釈コース】開講します

これまで開講してきた古事記素読講座【上巻素読解釈コース】を再度開催します。

『古事記』は712年(和銅5年)、稗田阿礼が暗誦していた『帝紀』(天皇の系譜)と『旧辞』(古い伝承)を太安万侶が初めて文字にしました。
そこには、文字のない時代から日本人が語り継いできた言葉がそのまま書かれています。古事記を素読すると、まさに悠久の時空を超えて私たち日本人の祖先の心に触れることが出来ます。
本セミナーは、古事記上巻・中巻・下巻の原文素読と解釈を繰り返す中で、古代日本人の言葉の響きと言葉に秘められた心を感じ取るセミナーです。

【中・下巻素読解釈コース】も引き続き開催しております。

セミナーお申し込みはこちら
古事記に親しむ【上巻素読解釈コース】
古事記に親しむ【中・下巻素読解釈コース】


  • 季刊誌『皇室 Our Imperial Family』
  • セミナー
  • 事業報告
  • 商品情報
  • 貸会議室のご案内
  • 助成事業