トップページ アクセス情報 配送について サイトマップ

公益財団法人 日本文化興隆財団

事業報告

事業報告書「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」開催

7万人が参加し「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」を開催

「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」が令和元年11月9日、皇居前に約6万人が集い開催されました。
同国民祭典は、天皇陛下御即位奉祝委員会(会長:三村明夫日本商工会議所会頭)、天皇陛下御即位奉祝国会議員連盟(会長:伊吹文明衆議院議員)、公益財団法人日本文化興隆財団(理事長:田中恆清)が主催、内閣府など各省庁からも後援をいただきました。
第一部の「奉祝まつり」は、午後1時から内堀通りで「奉祝パレード」、鍛冶橋通りでは「奉祝神輿渡御」が行われ、午後5時からは皇居前広場で、第二部の「祝賀式典」が行われました。
「祝賀式典」では、一般から公募した参加者1万人を含めた約4万人の方にご来場いただきました。開会前には、陸海空自衛隊合同音楽隊による演奏が披露され、午後5時、和太鼓集団「鬼太鼓座」の演奏、俳優の谷原章介さんとキャスターの有働由美子さんの司会、国会議員連盟の幹事長の古屋圭司衆議院議員が開会宣言を述べました。
各界を代表して、女優の芦田愛菜さん、歌舞伎役者の松本白鸚さん、日本経済団体連合会名誉会長の御手洗冨士夫さん、日本オリンピック委員会会長の山下泰裕さんから奉祝メッセージをいただきました。
午後6時、3万人が提灯を点す中、天皇皇后両陛下には、正門石橋までお出ましになり、三村奉祝委員会会長の式辞、安倍内閣総理大臣が祝辞を述べられました。
安倍総理は「天皇陛下のお気持ちをしっかりと胸に刻み、平和で希望に満ちあふれ、一人一人に日本人がそれぞれの花を大きく咲かせることができる時代を創り上げていく」と述べられました。
続いて、この日のために制作された奉祝曲「組曲Ray of Water」(岡田惠和作詞・菅野よう子作曲)が披露されました。同奉祝曲は、第一楽章「海神」、第二楽章「虹の子ども」、第三楽章「Journey to Harmony」で構成され、オーケストラとピアニストの辻井伸行さんの演奏に、人気グループの「嵐」が歌い、天皇皇后両陛下に奉呈されました。

天皇陛下はおことばで
「先に即位礼正殿の儀をおこない、即位を内外に宣明しました。そして、今日、ここに集まられた皆さんからお祝いいただくことに感謝します。
即位から約半年、多くの方々から寄せられる気持ちをうれしく思いながら過ごしています。また、この間、さまざまな機会に国民の皆さんと直接接し、皆さんの幸せを願う思いを私たち二人で新たにしてきました。
その中にあって、先月の台風19号をはじめ、最近の大雨などによる大きな被害に、深く心を痛めています。亡くなられた方々に哀悼の意を表しますとともに、御遺族、被災された方々にお見舞いを申し上げます。寒さが募る中、避難を余儀なくされ、生活再建が容易でない方が数多くおられることを案じています。復旧が進み、被災された方々が安心できる生活が、一日も早く戻ることを心から願っています。
ここに、改めて国民の幸せを祈るとともに、わが国の一層の発展と世界の平和を願います。今日は寒い中にもかかわらず、このように大勢の皆さんが集まり、即位をお祝いいただくことに、深く感謝いたします。」

と述べられました。
続いて、伊吹文明国会議員連盟会長の先導で聖寿万歳を三唱し、天皇皇后両陛下には、万歳の声に手にされた提灯を上下に振られ、参加者の祝意にお応え遊ばされました。











事業報告書

事業名称 天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典
日  時 令和元年11月9日(土曜日)13時~18時50分
事業内容 第一部「奉祝まつり」(13時~15時45分)
   内堀通り及び皇居外苑にて祝賀パレード(郷土芸能・音 楽隊・神輿)
第二部「祝賀式典」(17時10分~18時50分)
   二重橋前特設舞台及び皇居前広場
参加者数 第一部約3万人・第二部約4万人 合計7万人
主  催 天皇陛下御即位奉祝委員会(会長:三村明夫日本商工会議所会頭)
天皇陛下御即位奉祝国会議員連盟(会長:伊吹文明衆議院議員)
公益財団法人日本文化興隆財団(理事長:田中恆清)
後  援 内閣府・総務省・法務省・外務省・財務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・環境省・防衛省・東京都・千代田区
報  道 内外報道各社160社約500名
  • 季刊誌『皇室 Our Imperial Family』
  • セミナー
  • 事業報告
  • 商品情報
  • 貸会議室のご案内
  • 助成事業