トップページ アクセス情報 配送について サイトマップ

公益財団法人 日本文化興隆財団

セミナーのご案内

日本を元気にする「古事記のこころ」(後払い)

令和元年6月18日更新

お申込み

平成31年4月より新たに講座スタート

『古事記』は元明天皇和銅5年(712)年、今から約1300年前に編纂された現存するわが国で最も
古い書物です。
本居宣長は『古事記』について「古伝のまま記された文献であり、意も事も忠実に、その真実を今日に伝えるものである」としています。
しかし、字句の解釈だけでは『古事記』に記されている意を知ることは難しいため、本講座では、文字の意味を理解するのではなく、紙背にある「心」を先にして『古事記』の意味する所を考える講座です。

テキストの購入はこちら
※小野善一郎先生の「大祓詞のこころ」セミナーもお申し込み受付中です。
 大祓詞のこころ(後払い)

※1度ご登録頂ければ次回からのお申し込みは必要ありません。

日時 平成31年04月15日(月)~令和2年12月21日(月)
18:30~20:00
場所 日本文化興隆財団会議室
受付期間 平成31年02月15日(金)~令和2年12月21日(月)
主催 公益財団法人日本文化興隆財団
講師 小野善一郎先生
(湯島天満宮権禰宜・國學院大學講師)
講座日程と内容 第 1回 平成31年4月15日(月)「天地開闢」
第 2回 新元号元年5月20日(月)「天つ神と国土の修理固成」
第 3回 新元号元年6月17日(月)「二神の結婚と大八島国の生成」
第 4回 新元号元年 7月22日(月)「神々の生成」
第 5回 新元号元年 9月9日(月)「火神被殺」
第 6回 新元号元年 10月21日(月)「黄泉の国」
第 7回 新元号元年 11月18日(月)「禊祓と神々の化生」
第 8回 新元号元年 12月16日(月)「須佐之男命の涕泣と昇天 」
第 9回 新元号2年 1月20日(月)「誓約と須佐之男命の勝さび」
第10回 新元号2年 2月17日(月)「天の石屋戸」①
第11回 新元号2年 3月16日(月)「天の石屋戸」②
第12回 新元号2年 4月20日(月)「五穀の起原と大蛇退治」
第13回 新元号2年 5月18日(月)「稲羽の素兎と八十神の迫害」
第14回 新元号2年 6月15日(月)「大国主神の根の国訪問と歌物語」①
第15回 新元号2年 7月13日(月)「大国主神の根の国訪問と歌物語」②
第16回 新元号2年 8月17日(月)「大国主神の神裔と国作り」
第17回 新元号2年 9月14日(月)「葦原中国の平定と国譲り」①
第18回 新元号2年 10月19日(月)「葦原中国の平定と国譲り」②
第19回 新元号2年 11月16日(月)「天孫の誕生と天孫降臨」
第20回 新元号2年 12月21日(月) 総括
参加費用 各回1000円(当日受付にてお支払いください)
※別途教本をお求め下さい
教本 日本を元気にする『古事記のこころ』(改訂版)
小野善一郎著(A5判 257頁)青林堂発行2,000円+税 
※テキストは必ずご購入下さい。当日受付でも販売致します。
(すでにお持ちの方は必ずご持参ください。)
申し込み方法 インターネットでのお申し込み
下部の「お申し込み」より、画面にしたがってご登録下さい。自動返信にてお申し込み完了の返信メールをお送りいたします。
※返信メールがない場合は申し込みが正しく行われていない場合があります。

FAXでのお申し込み
・下記「パンフレットPDF」から申込書をプリントアウトいただき、氏名、ご住所など漏れなくご記入の上、お申し込み下さい。(03-3475-5805)

お電話でのお申込みも受け付けております。
TEL:03-5775-1145
その他 ※1度ご登録頂ければ次回からのお申し込みは必要ありません。

パンフレットPDF

お申込み

« 一覧に戻る

  • 季刊誌『皇室 Our Imperial Family』
  • セミナー
  • 事業報告
  • 商品情報
  • 貸会議室のご案内
  • 助成事業